姫路の観劇マナー向上を目指して

先日、姫路市文化センターで劇団四季のミュージカル「クレイジー・フォー・ユー」を観た。
舞台はとても楽しく、やっぱり大好きな作品の一つだなぁと再確認したのだが。

そんな楽しい観劇時間を台無しにする出来事がいくつかあったのだ。

まず、「携帯の電源を切ってください」というアナウンスが流れても、みんななかなか切らない。
それでも舞台が始まる時には切ってくれるだろうと思っていたのに、
あろうことか、舞台の最中にパタパタと携帯を開く人が!それも一人じゃない!

…いいですか?
あなたはこっそり携帯を開いていると思っているかもしれないが
暗闇で携帯の光はものすごーく目立つのだ。

ほらこんな感じ。(あ、ちなみにこれは劇場で撮ったんじゃないですよ、勿論)
あなたが開いたら後ろの「少なくとも」15人以上の気がそがれる。
舞台の途中に携帯パカパカした方は「少なくとも」15人分の料金を払うべきだ。

この日は私に「私はちゃんと電源を切っていたのにアラームが鳴ったの」
と言い訳をしてくださる方がいたのだが
なぜか二幕でもその方のアラームは鳴ったらしい。光が…。

と、いうことで

舞台を観るなら会場に入ったらいさぎよく電源を切るべし。
アラームが間違って鳴ってもいかんから、アラームの設定も確認するべし。

これを最低限守ってほしい。
先ほど私は携帯パカパカしたら後ろ15人に…と書いたが、
考えてほしい。
舞台の上からは全部見えるよ。
舞台の上からは暗闇しか見えないはずなのに、光が眼に入るんだよ。
申し訳ないし恥ずかしいったらありゃしない。

この日は着信音は鳴るわ、アンコールでフラッシュがたかれるわ
サイテーなマナーのオンパレードでクラクラした。

「気まぐれ日曜日」をうっかり聞いちゃったり、このブログをうっかり観てしまう方には
そんな方は一人もいらっしゃらないと思う。
なので、お願いである。
あなたが一緒に舞台に行くお連れさんに、
お子さんに、友だちに親戚にお隣さんに、
最低限のマナーを教えてさしあげてほしい。
心からお願いします。

Follow me!

前の記事

たたむ

次の記事

世界に入る