KIMG0785
7月の最初の日曜日、暑い1日でした。
直前まで行けるかどうかわからなかったけれど、OKになり、
当日券も入手できたので、拝見してきました。
絵本演劇ユニットBOO WHO WOOL姫路公演「おれたちともだち」

当日券を開場ちょっと前に買いに行った時に、
姫路キャスパホールのAさんが「可愛いですよ~癒されますよ~」
とニコニコしながら言うんです。
でもって、開場になってホールに入る時も、
同ホールのMさんやOさんが「ほのぼのしますよ~」「ほっこりですよ~」
と満面の笑みで迎えてくれるんです。

…えーと。
そうなのか。癒されるのか…ふふん。

まあ、まずはホールの涼しさに癒されてるんですけどね。
なんせ、とても暑い日でした。
そして、周りは親子連れがやっぱり多いです。
「読み聞かせでもない朗読劇でもない」という宣伝文句でしたし
原作が絵本のシリーズなので当然ですね。
私の隣のご一行はお子さん3人とお母さんおばあちゃんかなと推察。
お母さんとおばあちゃんでお子さんたちをがっちりサンドしてました。
こういう配慮って有難いですね。
お子さん向けの舞台だからある程度は仕方ないけれど、勝手に歩き回られたりしたら
やっぱり興がそがれるし。

でも、さすがでしたBOO WHO WOOL。
客席のこどもたちと会話しながらいつの間にかお話が始まっていました。
まさに立体絵本で、大人も楽しめるところも随所にはさみながら展開していき…。

そして!
あれは全員ノックアウトの可愛さでしょー!の反則技がありました。
可愛いわ、ほっこりだわ、ほのぼのだわ、癒されるわ。

1時間ほどの舞台が終わった後、アンケートに書き込んでいると
隣のご一行から声が聞こえてきました。

「僕、もう一回見る!」

楽しめたようで良かった良かった。
でも1回公演なのよ、残念。またね♪