ちょっと前のことなのだけれど、
大手前第1ビルの4階にある納屋工房さんで
小劇屋Pin-Qさんの第3回公演「ぱ~んでみっく★トリガー」を観劇しまして。
ココにアップしなくちゃ、とは思っていたのですが、これがなかなか。
どう書けば、あの感じが伝わるのかと悩んでるうちによくわからなくなってきました。

「うひゃひゃ、うひ、あは」というのが、どんな舞台か聞かれた時の端的な答えかも。

今回も現場でバッタリ会ったライターたか…もとい、ライターTさんは
「たいへんバカバカしうこざいました。」とか
「考えるな、感じろ。って感じの舞台だよね。」とか
「歌う男が良かったね、コールアンドレスポンス」とか
さすがの感想をメールしてくださったのですが、
ワタクシはと言えば
「Tさん、それ番組で使わせてもらうわ」
としかメールを返してないです…

DSC_0568

ま、そんな舞台。

舞台小屋となった納屋工房に一歩足を踏み入れたら、そこは不思議な妖しい空間が広がっていて
視覚から脳内がぴんくになっていきます。
「ここが美味しい席ですから」
と言われるがままに座った最前列中央の席は…本当に美味しかった…。いやん。
こういうテの倒錯系ドタバタコメディ(と、くくっていいのかどうかわからない)って、
演じている人のどこかにテレがあると観ている側がもう果てしなく恥ずかしくなっちゃうもんですが
小劇屋Pin-Qさんの舞台は突き抜けています。そこがステキ。

今回、ヒロイン役 崖っぷちアイドルあきはるとして客演しているのが
コシバイ星人 ザ・パンプキンズの山森さん。
いい感じに崖っぷちをひた走っていらっしゃいました。
好対照のセクシーグラドルたんみつを怪演していた八幡さんに舞台終了後お願いをして
胸を触らせてもらったのですが、ふわふわで、でも生温かくて…すぐお返ししました。
セクシーって、暑いんですね。