2012年(平成24年)もするりんと始まってますね。

今年も気まぐれによろしくお願いします。

と言いつつ早速ですが、

2月は休みかな。多分。

1月は…大晦日・お正月と嫌になるくらい「気まぐれ〜」が流れたからもうええんちゃうん?

ということで、今年の観劇初めはミュージカル「ア・ソング・フォー・ユー」を県立芸術文化センターで。

カーペンターズ・ナンバー尽くしのいわゆるカタログ・ミュージカルです。

サッカー番組とかでおなじみの川平慈英、元宝塚の春野寿美礼が主演、尾藤イサオや杜けあき、上條恒彦らベテラン勢が脇を固めているという安心して観ることのできるハート・ウォーミングストーリー。

70年代、ベトナム戦争がズルズルと長引いていた頃の米軍横田基地にほど近い福生のライブハウスを舞台に、挫折の記憶や後悔をちょっとずつ抱えている登場人物たちが不器用ながら前に進んでいくお話…なのかな。

彼らをなぐさめ、勇気付け、寄り添うのはカーペンターズの曲。あらためて聞くと本当に名曲たくさんあるねえ。また、優しいのよ。

そんな曲がたくさん流れるんだけど、ライブハウスでショウとして歌われるものがほとんどで、衣装とか振付が可愛いし楽しい♪

カーペンターズ・カバーバンド「翔子&フレンズ」のメンバーを演じているのは春野寿美礼、元四季の吉沢梨絵、松たか子の姉 松本紀保の3人。

吉沢さんは四季の頃、「夢から醒めた夢」で観たことがあって、相変わらずキュートな演技を観ることができてなんだか嬉しかったな。

宝塚にしても四季にしても、そこに居続ける人もいて辞める人もいて、辞めた人の中でも舞台を続ける人、テレビや映画をする人、後進を育てる人、まったく違う世界に行く人…様々だと思うけれど、どこかのフィールドで輝いてくれていると、観劇して感激した側の一人としては幸せを感じるのでありますです。

そういう意味でも幸せな観劇初めでした。

そうそう、この劇場で前回観たのは鄭義信さんの「焼肉ドラゴン」でした。60年代末〜70年代初め、飛行場近くが舞台だったので飛行機の音が印象的だったけど、今回の「ア・ソング・フォー・ユー」も基地が近くだったので飛行機の音がたくさん聞こえて、それがいろんな想いを載せて…。

ラスト近くの青空と白い雲が綺麗だったなあ。

今年一年があんな美しい空のような爽やかなものになりますように。