姫路には定時制高校がいくつかあったのだけれど
今は姫路北高校のみとなっている。
ここの演劇部には取材させていただく機会が何回かあった。
全日制の学校より練習時間を長くとれない分、苦労も多いと思う。
でも、アトリエ公演やホールでの自主公演を見せてもらうにつけ、
「劇団(演劇部だけどね)」への好感度は上がっていっている。

てなことでとても期待して観に行かせていただいたのが
イーグレひめじ あいめっせホールで上演された
姫路北高等学校演劇部第8回公演 「ボクラノユクエ」

プログラムに書かれた顧問の先生のあいさつによると
全日制の先生に「定時制ってどんなとこ?」と聞かれることがあったり、他の学校の演劇部が高校生活を描いた作品を観る内に、
「うちの演劇部が王道の学園ものをやったらどうなるんだろう」
と思ったことがきっかけで今回の作品作りがスタートしたとのこと。
部員にアンケートをとったり、エチュードを繰り返して脚本を作っていったりといつもとは違う作り方をしたらしい。

舞台装置は箱と椅子と台…とてもシンプル。
でもとても複雑(に見えた)な組み合わせで数々のシーンを作って
昼間の彼らの生活も描いていた。

ややシリアスすぎるくらいのオープニングから
軽いノリのシーンに変わって、…と思ったらちらりちらりと問題が見えてきて。
1時間の上演時間はあっという間だった。

公演のひと月ほど前に部員の数名の方と話をする機会があって、
この時はもう本当に申し訳ないことに私が未熟な故にろくろく舞台の話が聞けず
なんとなく部員の皆さんも消化不良な顔をしていた気がする。

ところが、上演後の舞台の上の彼らの笑顔ときたら!
よしよしと頭をクシャクシャしてやりたいような…なんだか親のような気持ちになってしまった。

翌日の最終回を観たうちのディレクターは
「よかったよー、たくさん来てたよー」
とのことで、どうやらみなさんの評判も上々だったらしい。

今度は11月5日に文化センターで西播大会。
他の高校の作品も観てみたいので何とか時間を作ろうと考え中…。