パルナソスホールというパーソナリティ泣かせの舌をかみそうな名前のホールがある。
これは姫路市立姫路高校の同窓会が頑張ったそうなんだが
ものすごーく、響くホールなんである。
パイプオルガンを設置しているのでオルガンがよく響くようにということで設計されたのかもしれない。
残響時間が満席時で1.9秒とか。

たまに地元の幼稚園の音楽会がこのホールで開かれたりして、贅沢な話なんだけれど、あまりに響くので太鼓の音を合わせるのは毎回大変そう…。
でもこんなホールで演奏するなんていい経験だと思う。うらやまし。

先日10月2日に「このホールでやってくれて有難う、気持ちよかったよ」と言いたくなったコンサートに行ってきた。
オペラユニットLEGENDのコンサート。

パルナソスホールの湯浅さんがえらく力を入れていらしたしw
チラシにも「歌あり、笑いあり、芝居あり」って書いてあったので
芝居があるなら観てみようということで…。

姫路駅から同じバスに乗り合わせた綺麗なお姉さま達は遠方から来られたらしく
姫路城が保存修理工事見学施設「天空の白鷺」に覆われているのに驚いたり、
道々に並ぶシデについて考察したり、となかなかおもしろかった。

今回は前から5列目のど真ん中という席をとることが出来た。
なんせ「イケメン5人」っていうから我ながらミョーに力が入っている。
正直チラシの彼らは全員がイケメンかというとそうでも…ん?ゴニョゴニョ失礼。
でも、きっといい芝居をしてくれるに違いない。期待は高まる…

下手の扉がさっと開き、2人の黒スーツの男性が現れた。
「おおおおおっ!誰やこれ、かっこええやんっ!!!」(ツクモの心の声)
彼らは爽やかに礼をするとピアノに座った。
「あっノーマークやった!ピアノ伴奏ええ男やんけ、おまけに連弾やん」(心の声である)
(ワタクシ連弾でおなじみレ・フレールも大好きである。)
続いて、真っ白な衣装のレジェンドの皆さんが姿を現した。
「おっ、ええやん、ええ声やし、かっこええやん、え?写真と違うやん」(何度も書くが心の声である)
ずらりと並んだ5人。同じように白の衣装なんだけれど、長さやデザインがちょっとずつ違う。
それがまたそれぞれのキャラクターに似合っていて見ていても楽しい。

リーダーの吉田さんがメンバー紹介をするのだが、よく練られたセリフになっていて
会場の雰囲気もいい感じに上がってきた。
確かうちの夕方の番組に電話ゲストで出てくれたのも吉田さんだったかと思う。
話ができるテノールは強いだろうなああ。

ステージは2部構成になっていて、1部はトークと歌曲…荒城の月とか乾杯の歌、あと落葉松を歌ってくれて…ハーモニーに包まれる感じがして気持ちよかった。
「ブラボー!」の練習って初めてやったけどあれは楽しかった。
練習の後も勇気をもって何度かチャレンジした。
癖になるやもw

2部は「ホストクラブLEGENDの一夜」お芝居仕立てで、歌が入るからちょっとミュージカルテイストで…笑ってばっかりだった。

しかしここで私はちょっとだけ後悔をした。
通路に近いところにいると、運が良ければプレゼント(と言ってもカプリコとか食器用洗剤とかw)がもらえたり、握手してもらえたりしちゃうのだ。
ワタクシのど真ん中の席だと熱い視線しか…ちぇっ。
自分のオバ度がやや上がっていることを意識させられたが、こういうのって関西のオバちゃん…お姉さんたち大好きだからね。盛り上がる。
でもってええ声で目の前で歌ってくれちゃうわけだよ。
ま、視線だけでもごちそう様♪だったけど。

ひとつわかった。

プロフィール写真とか宣材写真はホンモノとは違うものだ。

実際に舞台を観に行って確かめるべし。